示談交渉の難しさ

弁護士に示談交渉をしてもらえば、より多くの損害賠償を請求できますが、弁護士に依頼する場合は、高い費用がかかります。依頼したくても費用が支払えないからと諦めてしまいがちですが、素人が相手の保険やと対等に渡り合うのはかなり難しくなります。

いくら加害者の過失が100%だったとしても、保険会社は多く支払うより少なく済ませようとします。素人ではこういった時うまく交渉できないので、泣き寝入りすることも少なくないのです。仕方なく示談に応じ、和解が成立してしまうとその後気持ちが変わっても簡単には覆せないので示談交渉には簡単に応じてはいけません。

相手が十分な慰謝料を提示しており、誠意ある謝罪を受け納得できれば話別ですが、そうではないというなら示談には応じず弁護士に依頼してみましょう。弁護士が介入すると裁判に持ち込まれるというイメージがありますが、弁護士が介入するから即裁判とはなりません。

示談交渉の段階でも弁護士が被害者に代わって示談交渉をしてくれますし、納得いかない場合には裁判に持ち込むこともできます。素人では限界があっても、弁護士は保険会社の担当者より豊富な知識を持つ専門家ですから、示談交渉の内容も被害者にメリットがあるように変わってきます。

投稿日: